「ドキュメンタリー 頭脳警察」映画公式ブログ

zkmovie.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 09日

各界からコメントが届きました!

これは『系譜』をたぐる物語。PANTAの、頭脳警察の、日本の音楽の。
本当に新しい面白いものを作り出す者は必ず『系譜』を持っていて、それ故に僕らにつながってくるのだ、という前から思っていた思いをさらに強くしました。
山本直樹(漫画家)

パンタは、時代と対峙し続ける永遠の青年だ。
この映画は、永遠の青年が、永遠の青年として蘇るプロセスの記録でもある。
橋本治(作家)

クソ軟弱な風潮に流され、本来ロックに備わっていた「武器」としての機能が失われ
つつある昨今。
戦う事の「意味」と「意義」を再確認させてくれる頭脳警察の楽曲は日本ロック界の
至宝である。
増子直純(怒髪天)

止まっている と 変わらない は違う!
この停滞した世の中に頭脳警察が問いかける
若い連中にも見て欲しい! 本物のrockを!
HIROKI(Dragon Ash)

頭脳警察の音楽は、彼ら自身の光と影をドライブしている。
大切なのは自分を生きること。
PANTAはPANTAを生きている。痛快だ!!
南こうせつ(ミュージシャン)

日劇ウエスタン カーニバルで衝撃的なgig目撃 happy endの gig jack!
早稲田大学学園祭後夜祭 頭脳警察と浅川マキさん 何故か私もそこにいた!結構ビビった(^_^;)
パンタさん ずっーと ぶれてない!
ムッシュかまやつ(ミュージシャン)

パワー全開!!過激なステージ。PANTAさんの日常のやさしさ。両方から、その人間(ひと)がみえてくる。
渡部又兵衛(ザ・ニュースペーパー)

僕が生まれる前に頭脳警察は解散していた。
もうすぐ還暦のパンクロッカーなんてカッコよすぎだよな。
渡辺一志(映画監督・俳優)

PANTAさんは、生きるロックの歴史であり、さらに日々更新されている。
内田春菊(漫画家・女優・歌手・作家)

年齢を重ねたロックミュージシャンとはどのようにあるべきか?
後輩はいつも参考にさせてもらってます。
内田雄一郎(筋肉少女帯)

話でしか知らなかった謎の「頭脳警察」。
生きている謎に会えるなんて、最高に素敵な時間だった!
山崎ハコ(シンガーソングライター)
[PR]

by ZK-movie | 2009-10-09 17:40 | コメント


<< お詫びと訂正      ZK18年ぶりニューアルバム発売! >>